吃音者は天才が多い

吃音者は隠された才能を持った人が多いと言われています。

「そんなハズないだろ!」

このように内心思っているあなたは、吃音であることをすごく後ろめたいことだと感じていることでしょう。

吃音がある人は「感受性がとても豊か」だとも言われています。

というのも、吃音がある人の9割は「HSP」という生まれつき刺激に対して敏感な気質があると言われているから。

あなたも、ちょっとした物音に敏感だったり、些細なことを気にしすぎたりしていないでしょうか?

しかし、この「HSP」の人の特性から言えるのが「HSP」の人は人の気持ちを理解する能力に優れていると考えられ、他人の気持ちに敏感なので、気の利く行動ができることが多く、特に芸術面では豊かな感性を発揮できると言われているのです。

「HSP」の特性である高い感受性は、天才である人たちに共通して持っているものであり、天才と目されている偉人や有名人は、この「HSP」の特質を知らず知らずに上手く自分の中に落とし込んでいたことがわかります。

吃音者に成功者が多い実例

意外なところで言いますと女優のマリリン・モンロー、歌手のエド・シーラン、
さらに「不思議の国のアリス」の作者であるルイス・キャロル、そして大天才と言われているアインシュタイン。

また、文学関係では井上ひさし、小島信夫、重松清などが吃音があると言われています。

昭和の大政治家である田中角栄も吃音を抱えていたひとりで、
吃音を克服するために浪花節をやっていたとか。

あと、政治に近い分野ではイギリスのジョージ六世で、
彼と吃音との葛藤は「英国王のスピーチ」として映画化されました。

さらに身近なところではフリーアナウンサーの小倉智明も吃音があり、
毎日のようにテレビで話すことを仕事にしていますが、今でも家族と話す時には吃音が出るそうです。

「有名人を参考にしろっていったって・・・」と思うかもしれません。

しかし私が一番言いたいのが、これを見たあなたは今から何にでもなれるということ。

なぜなら吃音者が成功できることは歴史の偉人たちが証明しているのだから。

まとめ

「吃音がある自分はダメな奴なんだ」と思うことは大きな勘違い。

だってあなたは、今回紹介した有名人と同じ吃音という優秀者病を持っているんですから。

あなたが吃音と一緒に生まれ持ってある素晴らしい才能を生かして、素晴らしい人生を歩んでください。

↓↓もし吃音を克服して夢を叶えたいのなら、このブログを読み進めてみてください。↓↓



⇒僕が吃音を克服した方法をこちらで公開しています。