当サイトへのアクセスで、
「吃音 薬 市販」
「吃音 薬 副作用」
「吃音 薬 精神科」
「吃音 薬 心療内科」
という検索ワードでのアクセスがあったので、この記事を作成しました。

はじめに

まずはじめに、
吃音は一人ひとりのなった原因によって改善すべき所が異なりますし、特効薬は無いと思ってください。

薬の服用を続けるうちにどもり・吃音に対する不安や恐怖心が薄れ、
症状が改善されていくケースもありますが、
そもそも吃音というのは心因性によるものなので、
精神疾患と共通点がある場合が多いです。
そのため、うつ病など精神科で処方される薬も吃音改善の一定の効果はあるとされています。

市販で手に入る吃音改善に効果があるかもしれない薬

パキシル

主にうつ病・うつ状態の治療に用いられます。
脳内の神経伝達をつかさどるセロトニンの働きを活性化させることにより、抗うつ作用や抗不安作用を示し、憂うつな気持ち、突然の激しい不安、強迫観念、人前での過度な緊張などの症状を改善します。

ルボックス

主にうつ病、うつ状態、強迫性障害の治療薬です。
脳内のセロトニンの取り込みを阻害することにより、ゆううつな気持ちや落ち込んでいる気分を和らげる。

様々な不安障害にも効果を発揮し、社会不安障害などに使われることが多い。

レキソタン

主に不安、緊張、抑うつ、強迫、恐怖や睡眠障害を改善するために処方されるお薬。
通常、神経症、うつ病、心身症の治療や麻酔前投薬に用いられます

脳のリラックス系の神経を活性化して不安や緊張を和らげる効果を持つ。

セディール

うつ病、睡眠障害に用いられ、ルボックス、パキシル同様、セロトニンに作用します。
副作用が少ないけれど、即効性は薄い。

パゴクロン

吃音の症状に関係すると考えられているGABAと呼ばれる脳内神経に作用し吃音に伴う社会不安を減少させる効果を持つ。
どもり・吃音の症状を対象とする薬の中では一番の効き目があるといわれていて現在海外で治験段階にある。
海外で安全性が確認でき、日本でも投与できるようになれば期待できる一番の薬になるでしょう。

吃音治療に最も僕が思う最も効果的な薬【SSRI】

記事の冒頭で特効薬はないといいましたが、
ここで紹介するSSRIが現状最も効果的な薬だとされています。

吃音をSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)長期比較的大量療法で治せたという人も少なくはありません。

欧州では吃音に対しスタンダードな処方です。

日本は言語の壁に遮られ、知られていないだけです。

日本の医師でこのことを知っているのは数人と思います。

心療内科へ行ってSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を処方して貰うことをお勧めします。

↓↓もし吃音を克服して夢を叶えたいのなら、このブログを読み進めてみてください。↓↓



⇒僕が吃音を克服した方法をこちらで公開しています。