吃音者の性格は優しい人=HSP

吃音、どもりの人の性格といっても、やはり人間なので多かれ少なかれ性格にはバラつきがありますが、吃音を抱えている人の10人中9人は「HSP」であることが言われています。

この「HSP」とは何かと言いますと、簡単に言えば「敏感でとても感受性が強い」という性質の人。

実際にHSPの特性を持っている人は敏感な性格のせいか、人の目を気にし過ぎたり、人と上手く話せなかったり、言葉に詰まることが多いと言われていて、HSPの人は吃音になる可能性が高いといわれています。

HSPとは「とても繊細な人」のこと

実は、吃音を持っている人が抱えやすい「HSP」の特性を持っている人の中では、「天才」と言われている歴史上の偉人たちがいるのが事実。

「HSP」であり、吃音持ちであると言われていた有名人を知りたい方はこちらの「吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!」で詳しくまとめてありますのでじっくりと読んで見てください。

「HSP」の人の特性から言えるのが「HSP」の人は人の気持ちを理解する能力に優れていると考えられ、他人の気持ちに敏感なので、気の利く行動ができることが多く、特に芸術面では豊かな感性を発揮できると言われている。

「HSP」の特性である高い感受性は、天才である人たちに共通して持っているものであり、天才と目されている偉人や有名人は、この「HSP」の特質を知らず知らずに上手く自分の中に落とし込んでいたことがわかります。

まとめ

「HSP」とは才能の1つで「敏感でとても感受性が強い」という性質の人であり、他人の心に寄り添えるとても優しい人。吃音を抱えている人の10人中9人がそれに該当するという。

過去には、天才と目されていた偉人たちも、「HSP」の特性を持っている方が非常に多く、「HSP」の特性を上手く自分の中に落とし込んで、自らの才能を開花させていたということ。

しっかりと「HSP」の特徴を理解し、吃音改善の参考になれたらとても嬉しく思います。

つまり吃音者には隠された才能を持っている人が多いともいえます。

↓↓もし吃音を克服して夢を叶えたいのなら、このブログを読み進めてみてください。↓↓



⇒僕が吃音を克服した方法をこちらで公開しています。