はじめに

表面上の吃音の重い軽いをチェックする方法として一般的なのは100語の言葉の中でどれだけのワードが詰まったり、どもったりするかその頻度から判断するのが一般的。

吃音がある人のの平均的な頻度は10%前後というデータがあります。

多くの吃音者達は軽度?中度ほどの吃音と言われております。

吃音の重症度チェックのやり方

【吃音の重症度チェック】

話している中でワードに対する吃音の度合の%。

軽度  5%以下
軽度?中等度 5%?10%
中度 10%?5%
中度?重度 15?20%
重度 20%以上

吃音は目に見える症状、すなわち表面上の吃音と、心の中で起きている不安や恐怖である表面下の吃音の2つの角度から見ていき、軽いか重いかを判断していく必要があります。

そのため、吃音頻度が多いか少ないかだけでは吃音の程度は一概にもわからないのです。

吃音に対するネガティブな認識や、発話前の強い不安や対人恐怖などを抱えているかも含めて判断していくことが何よりも大切。

まとめ

この重症度チェックはあくまで一つの目安として考え、あなたの吃音は大体どの程度なのか?

それを受け止め、吃音克服に向かって前に進んで頂けれと思います。

↓↓もし吃音を克服して夢を叶えたいのなら、このブログを読み進めてみてください。↓↓



⇒僕が吃音を克服した方法をこちらで公開しています。