例えば朝礼で、吃音を発声した場合、

「そうだよな、朝礼で挨拶をする度に、なんで器の小さい人間にまで、俺が気をつかわなきゃならないんだよ」

「確かにそんな奴までに、無理して好かれいとは思わないな」

という意見が正論です。

そういうふうに、脳のバランスをとって、
ストレスを減らしていくことで、予期不安なども減っていきます。

まず、あなたも今日から、自分の爬虫類脳を説得してみる。

そういったことにチャレンジしてみてください。

ポイントは爬虫類脳が気にする「生存本能」の部分を上手く突いた説得をすることです。

それでは、今日のことをぜひ、行ってみましょう。

爬虫類脳を上手く付き合うえると本当に、辛いことが減ってきます。

しかしながら、
吃音改善というのは、
やはり数ヶ月以上?という長期的な時間がかかります。

脳は長期的な思考が大っ嫌いです。

楽で、すぐに効果があり、リスクないものが大好きです。

ですので、

いくら、自分の頭では、
「吃音を治したい、上手く話している自分になりたい」と思っても、

「長い期間やるのは面倒くさいわ~」

という脳の意見が強くなります。

かといって、私が、あなたを騙して、「6日間で治りますよ」と嘘をついたとします。

あなたの脳は、
「おっしゃ。6日だけならやるよ」と言うでしょうが、
残念ながらそんなことは言えません。

吃音改善には時間はかかります。

出せない言葉を出すのにも、よく噛むの会話を流暢に変えるにも1ヶ月ではできません。

ですので、あなたの脳はあなた自身がなんとか説得するしかありません。

トカゲとの会話は幼稚園児との交渉に似ている
例えば、

「とりあえず、今日だけ、吃音改善の時間を取ろう
そしたら、大好きなミスタードーナッツを上げるから」

とか、最初は騙しすかし自分の脳をコントロールしていく必要があります。

「大人と交渉するのではなく、小さい子供を説得するにはどうしたらいいか?」

という思考で会話しましょう。

それが1ヶ月、2ヶ月と立ち、吃音が改善している兆候が見られると・・・

こんどは逆に、脳が

「ちょっと、吃音改善のカリキュラムをサボっていいの?
俺、吃音がまた悪化して、また恥をかくの嫌だよ?」

と、言ってきます。

ですので、最初の1、2ヶ月が勝負です。

その期間、あなたの脳をうまく説得することにフォーカスすると、その後も上手く改善していくことでしょう。

それさえ出来ればほとんどの吃音者は数ヶ月後、現状と比べれ見たらその差は歴然とするでしょう。

朝礼の挨拶の場合でも言葉に詰まることもなく、噛むこともなく、びっくりするほど流暢に話せるよういになっている・・・

というのは、大げさに感じるかもしれません。

ですが、あなたも今の不安の10分の1以下にはなっていると確信しています。

↓↓もし吃音を克服して夢を叶えたいのなら、このブログを読み進めてみてください。↓↓



⇒僕が吃音を克服した方法をこちらで公開しています。